数秘が告げる・2022年の可能性〜その1

今年2022年は2が3つも重なった年、そこから、愛と美をテーマとするという数のエネルギーが生み出されます。2の質が3倍も強調されている、なんとも珍しい年ですね。

が表しているのは、ご存知のように女性性。は、子供エネルギー、喜びとお祝いの数。
女性性の持つ、受け取る、オープンであるという在り方に、喜びと遊び心をもたらしていくことが大切な年、

そしてその流れがの質、つまり愛と調和、ハートの真実、真の責任を取ることへと私たちを導いていく–これこそが今年のテーマです。

新年に合わせ、ここ数年、個人周期別に「数秘から見た今年のあなた」というテーマでエッセイを書かせていただいていました。
けれども今年はちょっと様子が違うようですよーーというのも、

この2022年は、一昨年から始まったパンデミックの大きな流れが、いよいよ佳境に入ってきそうだからです。それを肌で感じていらっしゃる方も、きっと多くいるでしょう。

今年は数秘の観点からも、非常に興味深い年。ですから、今年は個人的なことはさておいて、私たちの集合的な意識の変容にフォーカスしてお話していきたいと思います。

宇宙の大きな流れの中での今年、私たちはみんな、

いったいどんなところにいて、
どんな課題に向き合い、
どんな可能性を生きようとしているのか・・大いに考察していくとしましょう。
新しい年のはじまり、あなたへの気づきのプレゼントになれば嬉しいです。

今年は、あらゆる人が繊細な感受性を育み、目に見えない世界からの情報やエネルギーを受け取る可能性が大いにある年です。

2の可能性=直感へと開くことは、じつはだれにもできること。
直感は、目に見えない高次元の世界のエネルギーをこの地上に降ろす能力とも言えるでしょう。

それは、論理と限界と制限に満ちたこの物質世界を超え、魂のふるさとの香り、スピリットの愛と調和にあふれたメッセージをこの地上に降ろすことであり、いのちが持つ活力や息吹を硬直した世界に吹き込むことでもあるのです。

長い間、女性性の質は、さまざまな理由から価値をおとしめられてきました。
けれどもいよいよ、私たちの文明は、男性性の圧倒的な支配の論理と暴力により、身動きの取れない行き止まりにまでやってきてしまったようです。世界中でいのちの淘汰が行われ、力を握るものたちによって、私たちの行動の自由さえ危うくなろうとしているのですから。

こんななか、成熟した女性性は、どのような応答をするでしょうか。

そう、まさしく女性性とはしなやかさであり、起こることとともに流れていく能力です。
反発することなく、絶望もせず、起こっていることを味わい、受け取り、そこから愛に満ちた優しい応答をもたらしていくという。

傷ついた私たちの文明にバランスを取り戻し、再生するために、この女性性は、限りなく大きなパワーを与えてくれるでしょう。

今年の数はまさしく、大変な状況にあっても、喜びと祝福とともに生きることは可能なのだと教えてくれているのです。

考えることから、感じることへ。与えようとするより、まず受け取ること。

与えられた情報をうのみにせず、感じてみる。そして自分が感じ取ったこと、あなたの真実に力を与えていく。

そこに違和感があれば、ないふりをしないというのは大切なことです。
やはりそこには、なにかしらの意味が、きっとあるでしょうから。

古いしがらみの中では、女性性は、弱々しさ、無力さととらえられがちでした。

周りの感情や想念を受け取りすぎ、身動きが取れない。
自分というものがなく、相手の顔色ばかりを気にしてしまう。

そのため、周りの不安をスポンジのように吸収し、自動的に自分も不安にさいなまれる、といった在り方です。

たしかに敏感で繊細、オープンで、受け取ることが持ち味である2の女性性の質にとって、すべてが相手まかせになりがちな依存の傾向は、避けては通れない学びの道であると言えるでしょう。

けれどそれは、通過点にすぎません。いつまでもそうである必要はないのです。

感じ取ったものを抱えこみ、自分のせいにしてしまうパターンに陥ることなく、深く感じ、感じ取ったものに応じて、自分から優しく応答していくことは可能なのですから。

水平方向へとアンテナが寝てしまい、この世の濁ったエネルギーに巻き込まれ、振り回され、無力感にさいなまれる代わりに、垂直方向にアンテナを向けなおし、高次元からの祝福にみちた「今ここ」に留まること。

未知へと開く在り方が、彼方からの調和のエネルギーを地に降ろすことを可能にします。それこそが、女性性のもつパワーなのです。

柳のように、竹のように、嵐のなかで踊り、しなやかに応じる、応答する。どんな圧力を受けようとも、柔らかく、けれども凛とした態度で応じ、適切に応答する。

今年は、私たちひとりひとりが、高まる同調圧力の中で見て見ぬふりをしてきた微妙な違和感に、向き合わざるをえなくなるでしょう。既成の価値観や考え方から、自分の感受性に基づいて生きる生き方へシフトするには、もちろん、勇気が必要となるでしょう。

それには、自分のハートの真実を生きる、自分の感じたことに責任を取っていく覚悟が必要となります。私たちは例外なく、大きな揺さぶりとチャレンジに向き合わされるでしょう。

今までの、外の期待に応えることで身の安全を保ってきた「古い在り方」は、もはや役に立たないということが、いよいよあらわになってくるでしょう。

そして、危機はつねにチャンスです。この大きな危機は、かつてない規模での目覚めをもたらす大きな可能性に満ちています。こんな状況のなかで、この2のエネルギーの高い感受性を開花させ、受け取ったものをしっかりと地に降ろすためには、自分自身がしっかりと地に足をつけることが何より大切です。

高次のエネルギーを受け取る器、私たちの住まう神殿である身体のケアをすることが、現実にできる大切な行為といえるでしょう。

・・パート2につづく

関連記事

PAGE TOP