数秘が告げる・2022年の可能性〜その2

今年2022年は2が3つも重なった年、

そこから、愛と美をテーマとする6という数のエネルギーが生み出されます。
2の質が3倍も強調されている、なんとも珍しい年です。

が表しているのは、ご存知のように女性性。は、子供エネルギー、喜びとお祝いの数。
女性性の持つ、受け取る、オープンであるという在り方に、喜びと遊び心をもたらしていくことが大切な年、
そしてその流れがの質、つまり愛と調和、ハートの真実、

真の責任を取ることへと私たちを導いていく–

これこそが今年のテーマです。

(その1からのつづきです)

自分に慈しみのエネルギーを惜しみなく注ぐところから、
周りへの慈しみも自然にあふれていきます。

これこそがまさに、今年の数である6の「真・善・美」のエネルギーの開花と言えますね。

6のテーマはハート。自分自身の真実を生きるところから、見返りを求めない、無条件の愛があふれていきます。それは、この世のものとも思えない、美しいエネルギーであり、同時に、真の「責任」を取るというテーマにもつながっていきます。

本質的には、もっとも調和の取れたエネルギーを持つ6の数。

けれども無意識に生きられれば、非常に独善的で、物騒で、ありとあらゆる厄災を招くということはご存知でしょうか。
それは、「愛」や「正義」という名のもとに、日常で、あるいは歴史において、どれほど残虐な行為が繰り返されてきたかを見てみれば、おのずと明らかです。

親は「お前のため」と、子供に自分の信念と善意を押しつけ、国は愛国心をあおり、正義と大義を国民に押しつけてきました。
「これが正しい」という大義は、ひいては、それに従わない人は殺してもかまわないという極論にも発展します。
そういう意味で、今年の私たちは、行動の背後に潜む、隠れた動機に向き合うことがとても大事になるでしょう。

「正しくありたい」という思い、「みんなと違ってしまう」ことへの恐れが、ハートの奥で感じる真実を押し殺し、覆い隠すことはまれではありません。

国やマスコミの言うことにただ従うのではなく、自分のハートの真実のために立ち上がるのは、いつの時代でも、大変な脅威なのです。

けれども私たちは、もう妥協することができないところまで追い込まれているのではないでしょうか。

今まで信じていたことは、たんなる嘘にすぎなかったのかもしれない、という疑いがやってくるとき、大変な驚きや混乱、動揺が生じるでしょう。

けれども、混乱を恐れていては、目を覚ますことはできません。

最後に選ぶのは自分です。

被害者意識におちいらないように。

どんな選択をしようとも、ハートに従ってその結果を生きていくのはあなたなのです。

それこそが、あなたが生まれ持ってきた、侵すことのできない尊厳であり、パワーなのですから。。。

さて、いかがでしたか?

このエッセイは、オーラソーマの老舗「和尚アートユニティ」のメルマガのために書いたものです。

大きな時代の転換点、

男性性の時代から 女性性の時代への転換点

別の言い方をすれば、マインド(頭)の時代からハートの時代への転換、

ここでは私たちみんなが主役です。

さてさて、このメルマガのエッセイには後半部分もあって、そこでは、トートタロットを引いて解説をしています。

これがまたけっこうなインパクトでショッキングなのですが、目覚めのためのとても大切なメッセージなので、興味のある方は、こちらのリンクからどうぞ

伊藤アジータさんより≪2022年、トートタロットが教える今年のメッセージ≫ | オーラソーマ総合情報サイト・ブログaura-soma.jp

真実に目覚める大きな可能性を秘めた今年、

あなたの毎日が祝福に満ちたものでありますように。

関連記事

PAGE TOP