すべてのワークの土台に瞑想がある

◎答えは、あなたの内側に

数秘やタロットを、無意識を意識化し、本来の自分を生きるツールとして使うーーそれがここでのテーマです。

そして、自分の真実、愛、喜びとともに人生を創造するために大切なのは、内なるガイド=直感とつながるための静かな時間です。

《アクティブ瞑想について》

瞑想といえば、座禅や、呼吸を見つめるヴィパサナ瞑想が代表的ですが、情報の波にもまれる現代人が、いきなり静かに座るのはそれほど簡単ではありません。

頭のなかに想念がひしめき、身心にストレスがたまっているからです。

インドの神秘家OSHOは、まずは抑圧された感情やエネルギーを解放することを勧めています。

彼の考案したたくさんの瞑想テクニック=アクティブ瞑想には、感情やエネルギーの解放や、身体を動かすステージが含まれています。

内側に溜め込んだ感情や想念、古いパターンや癖を手放すことで、その奥にある静けさにアクセスすることが容易になります。

《あなた自身の光となりなさい》

人生を生きる上で、何が最善なのかを知っているのは「あなた」です。

「あなた自身の光となりなさい」とは、仏陀が亡くなる前に弟子に残した言葉でした。

権威ある人の言葉であっても、鵜呑みにしないこと。

自分のハートに響かなければ、それはあなたにとっての真実ではないかもしれません。

自分自身が自分の権威となる−−それこそ、私がOSHOのもとで学んだ生き方です。

⭐️~⭐OSHO(1931~1990)

インドは意識の進化の研究と瞑想において、古くから世界で突出した国です。

マンガラはイギリス人でしたが、OSHOに出会って以降は、瞑想センター近くに居をかまえていました。

私が初めてマンガラに会ったのも、その瞑想センターでした。

またマンガラは聖者ラマナ・マハルシのお膝元・聖山アルナチャラにも深い縁があり、世界ツアーが終わるといつも、静けさに浸って瞑想する時を持っていました。私にとってもお気に入りの場所で、何度も訪れています。

* * *

仏陀やキリスト、現代ではOSHOをはじめ、エックハルト・トールなど、たくさんのマスターがいますが、

古今東西を問わず、悟りを得た存在、いわゆるマスターと呼ばれる人たちはみな、同じ源泉から語っています。

彼らのメッセージは、たとえ表面上は異なっていても、深みではひとつ。

私たちが、真実の深みを生きる道筋を示してくれている存在です。

* * *

自分自身のハートの声に従って、物質的にも、精神的にも豊かに生きること。

愛、信頼、自由を尊重し、自分自身の真実の責任を取って生きること。。。

それがOSHOが教えてくれている、新しい生き方のビジョンです。

「・・・私はどんな哲学も教義もあなたがたに押しつけようとはしない。

私は普通の意味での教師ではない。

何かを教えているわけではないからだ。

私が話しているのは、あなたに自分自身の本来の姿――無限の、輝かしい神性そのもの――を思い出してもらうためなのだ。

私の言葉は、ただの情報ではなく、

変容をもたらす錬金術だ

「・・・私は存在(宇宙)を絶対的に信頼している。

もし私の語ったことに真理が含まれていれば、その言葉は生き残るだろう。

私のワークに興味を持つ人は、たんに明かりを運ぶだけで、だれにも何も押しつけはしない。

私は人々に、だれかの教えに従うのではなく、自分で成長してもらいたい。

子どものような無垢なまなざしと、気づきの質と、喜び、愛とともに、祝祭に満ちた生を生きることができるように。

そして、そのための道は、内側にある・・・」

* * *

*リンク*

【Facebook】サマサティ・ヴィジョン 意識的に生き、意識的に死ぬための、新しい生き方のヴィジョンを紹介しています。


WordPress Themes