マンガラジャパン


代表・伊藤アジータ

数秘&タロット・リーダー&リーダー養成講座・講師。瞑想&直感ガイド。

マンガラ亡きあと、体感重視の数秘&タロット講座の講師を務め、気づきのパワーのすばらしさ・おもしろさを分かち合っている。

1999年から10年間、マンガラ日本ツアーのオーガナイザーを務め、

マンガラとの長年のワークを通して得た学びは数知れず、

直感ワークの素晴らしさ、私たちの意識の素晴らしい可能性を伝え続けている。

ハートフルで母性的な感性とナチュラルな存在感をもち、ユーモアたっぷりの講座は分かりやすいと好評です。

*   *   *

幼少より感受性が豊かで、もう一つの世界を予感。

10代の終わりに突然雷に打たれたように道を模索し始め、ほとんど引きこもりの暗い大学生活を送る。

精神世界に導かれ、ドイツの神秘思想家R・シュタイナーの書籍の編集に従事、

90年代には、インドのOSHO瞑想センター、アメリカ・セドナのOSHOアカデミーにて、瞑想を中心に、オーラソーマ、「ブッダの心理学」、カウンセリング・トレーニング、ボディーワーク、エネルギーワークを修了。

通訳・翻訳者&セラピストとしての活動を開始、

99年以降はマンガラワークのオーガナイザー、数秘・タロットリーダーとして活躍。

同時に「ハートからのカウンセリング」のラハシャ・フリッチョフ博士、「チャクラバランス・トリートメント」のヴィッキー・エンゲハム女史、オーラソーマ副学長ドミニク・ヨーマンの通訳など数多く務め、学んできた。

目覚めのワークにこの上ない興味を持ち、エックハルト・トーレ、アジャシャンティのリトリート、バイロン・ケイティのワーク等に参加、探求を続けている。

川崎市高津区のスペース「Padmashri」主宰。

マンガラの2冊の著書-「直感のタロット」「わたしを自由にする数秘」(市民出版社)の翻訳・編集をはじめ、

オーラソーマの創始者ヴィッキー・ウォールの伝記「奇跡のカラーヒーリング」 (OEJ Books)、

生と死についてのOSHOの講話集「死について41の答え」(原題:The Art of Living and Dying)の翻訳者でもある。

【Blog】「Padmashri」〜囚われからの自由・意識の目覚め

【Facebook】伊藤アジータ(Ajita Ito)

【Facebook】マンガラジャパン

【Facebook】サマサティヴィジョン


マダ(新藤 律子)

3人の子供と2人の孫を持つ主婦。

OSHOの弟子となった2000年、マンガラの個人セッションを受け、衝撃を受ける。 続けてワークショップのシリーズをすべて修了し、マンガラのスピリットのとりことなる。 4年間のマンガラワークのヘルプののち、 現在はアジータのアシスタントを務めている。

一緒にマンガラスピリッツをシェアーできることに喜びと感謝を感じ、 進化し続けるアジータワークに魅了されている。

地元でタロットセッションを行う。 OSHO、マンガラから体験的に学んだ瞑想を、出会うすべての人と分かち合っていきたい。

茨城県日立市在住。

【Facebook】新藤律子、


RASATA(ラサタ)

子供の頃から自然の中での小冒険、探検好き。

心と身体のつながりの不思議さに興味を持ち、ヨガ、食養を始め、
精神世界に惹かれて1986年OSHOのいるインドへ旅立つ。

プーナのOSHOコミューンにて長年に渡り、日々瞑想を実践しながら、
様々なボディ&エネルギーワーク、セラピワークのコースを受ける。

1987年、総合的ボディワークである「和尚リバランシング」のセッションを始める。
1994年、内側に愛と気づきを向ける「アルーンコンシャスタッチ」と出会い、
現在に至るまで日本とドイツにてセッションやコースの講師として活躍中。

マンガラとの出会いは1994年、
彼女の独立独歩の精神とラブリーな人柄、真実をつく深い洞察とワイルドな楽しさあふれるワークに魅了され、1996年から2010年まで彼女の通訳をつとめる。

マンガラの体験に基づくアプローチが大好き。知識だけではなく自分の体験から理解し学んだことこそが助けになると実感。マンガラと共に過ごした年月から受け取ったこと、自分自身に気づくことの喜びを人々と分かち合っていきたい。

現在、ドイツ、ミュンヘン在住

【Facebook】Prem Rasata

【HP】ARUN CONSCIOUS TOUCH JAPAN

WordPress Themes