マンガラジャパンについて

代表・伊藤アジータ

数秘&タロット・リーダー&リーダー養成講座・講師。瞑想&直感ガイド。

川崎市高津区にて、ヒーリングスペース「虹の翼」を主宰。

マンガラ亡きあと、体感重視の数秘&タロット講座の講師を務め、気づきのパワーのすばらしさ・おもしろさを分かち合っている。

1999年から10年余りマンガラ日本ツアーのオーガナイザーを務め、

マンガラとの長年のワークを通して得た学びは数知れず、

直感ワークの素晴らしさ、私たちの意識の素晴らしい可能性を伝え続けている。

ハートフルで母性的な感性とナチュラルな存在感、ユーモアたっぷり、と同時に、歯に衣着せぬ手加減なしの講座は、本物を求める人たちを惹きつけてやまない。

* * *

幼少期は豊かな感受性で、目に見えない世界と交信しつつも、

いつの間にか人間界に過剰適応してしまっていたのが、

10代終わりに突然雷に打たれ、真実の模索と探求が始まった。

それ以来、何よりも魂の呼び声に耳を傾け、生きていきたいと強く望み、ドイツの神秘思想家R・シュタイナーの書籍の編集に携わる。

90年代半ば以降は、インドとアメリカのOSHO瞑想センターにて瞑想を中心に、各種ボディーワーク、エネルギーワーク、オーラソーマ・ティーチャートレーニング、カウンセリング・トレーニングを修了。

1999年以降は、マンガラのワークに魅せられ、彼女の導きにより、オーガナイザーとしての才能も開花。

並行して「ハートからのカウンセリング」のラハシャ・フリッチョフ博士、

「チャクラバランス・トリートメント」のヴィッキー・エンゲハム女史、

英国オーラソーマ副学長ドミニク・ヨーマン、「バタフライ・シーエッセンス」創始者エリック・ペラム等々、素晴らしいティーチャーたちの通訳を数多く務める。

愛あふれるスペースに寄り添った長年の体験はすべて、今の分かち合いに生かされているのを実感、感謝に絶えない。

人類の意識の目覚めが一番の関心事。

ラマナ・マハルシとも縁が深く、ゆかりのインドの聖地アルナチャラを度々訪れている。

マンガラの2冊の著書-「直感のタロット」「わたしを自由にする数秘」(市民出版社)の翻訳・編集をはじめ、

オーラソーマの創始者ヴィッキー・ウォールの伝記「奇跡のカラーヒーリング」 (OEJ Books)、

生と死についてのOSHOの講話集「死について41の答え」(原題:The Art of Living and Dying)の翻訳者でもある。

【Facebook】伊藤アジータ(Ajita Ito)

【Blog】虹の翼(つばさ)〜多次元の自分を生きる

【Facebook】マンガラジャパン

【Facebook】サマサティヴィジョン


マダ(新藤 律子)

3人の子供と2人の孫を持つ主婦。

OSHOの弟子となった2000年、マンガラの個人セッションを受け、衝撃を受ける。 続けてワークショップのシリーズをすべて修了し、マンガラのスピリットのとりことなる。 4年間のマンガラワークのヘルプののち、 現在はアジータのアシスタントを務めている。

一緒にマンガラスピリッツをシェアーできることに喜びと感謝を感じ、 進化し続けるアジータワークに魅了されている。

地元でタロットセッションを行う。 OSHO、マンガラから体験的に学んだ瞑想を、出会うすべての人と分かち合っていきたい。

茨城県日立市在住。

【Facebook】新藤律子、

【HP】ウレシッパ

WordPress Themes