「直感」につながる

☆シックス・センスのない人はいない

シックス・センス(第六感)とは何でしょうか? 限られた人だけの不思議な能力で、自分には関係がないと思い込んでいる人も多いかもしれません。

けれどももしそれが、五感と同じように、まったく自然なものだったら?

誰もが生まれつき持ってはいるが、どう使ったらいいのか、分かってないだけだとしたら?

どうやら、それが本当のようです。

長い間、第六感につながるためのワークショップをリードしていますが、第六感のない人に出会ったことはありません。
もちろん普通の人は、映画「シックス・センス」の男の子のように、うろつき回る死者が見える、というようなことはありませんが。

肉体と同じく、感情や思考も人それぞれであるように、第六感(私の好きな言葉で言えば直感ですが)も人それぞれです。

とはいえ、誰でも自然なかたちで、直感を育てることはできるのです。

☆なぜ、人は直感とつながっていないのか

ならば、本来そなわっているはずの直感の力に、ほとんどの人が気づいていないのはなぜでしょう?

その答えは、私たちがまだごく小さなころに受けた躾(しつけ)にあります。

私たちは生まれた時から、社会や家族の価値観に従って行動するよう、善悪などの判断を教え込まれます。

周りの大人をまねることで、身につくものもあるでしょう。
人間のマインド(頭脳)はコンピューターのようなもの、そしてそれが機能するために入れられるソフトウエアを、幼少期のプログラム、条件づけと呼んでいます。

子どものマインドはまっさらで、まるでスポンジが水を吸い込むように、大量の情報をすばやく吸収します。
あらゆる経験がマインドに刻みつけられ、あらゆる出来事があとを残します。

このこと自体は問題ではありません。

けれども社会は同時に、私たちに自分の判断や、経験の純粋さを信じないよう、教え込みもするのです。

プログラムに乗っ取られる前には、子どもは周りにあるものに直接触れていて、自分は分離した存在だという感覚もありません。
感情や思考のフィルターなしに、物事をありのままに見ているのです。

こんな子どもの無邪気さは、私たちを喜ばせ、感動させます。

ありのままに世界を受けとめて感応する、このつながりの声こそ直感なのです。

私たちはなぜ、このつながりを失ってしまうのでしょうか。
それは、その方が安全で楽だからです。

子どものころ、私たちはとても無力で、人に守ってもらう必要がありました。
傷つかないため、愛と注目を得るために、自分を信じるより、他人の言うことに従った方がいいと学んだのです。

私たちにとって何より大事だったのは、人並みになること、そして人より優れること−−何であれ、人から認められるということでした。

そうするうちに私たちは、だんだん自分の直感、内面の感覚を、安心安全のために売り渡してしまったのです。

自分からあっさりと手放す人もいれば、あくまでも反抗し、自分の真実に固執し続ける人もいます。
けれどもほとんどの人は、結局はあきらめざるをえません。

外からの圧力があまりにきつく、危険になるために、ほとんどの場合、譲歩せざるをえなくなるのです。

このプロセスは、学校教育を通じて、家庭から社会へとさらに拡がっていきます。

私たちは学校の環境に順応しなくてはならず、何年もの間、ほとんど意味のない山のような情報に苦しめられ、
あげくの果てに、自分の価値は、その情報をいかにたくみに覚えこむかにかかっているのだ、と教わるのです。

こんな死んだ知識を扱うのがうまければ、ちやほやされ、
うまくできなければ、だめな人間であるかのように感じさせられる。

学校教育を終えるずっと前に、私たちが自分自身の真実につながれなくなってしまっても、おどろくことではないでしょう。

より原始的で、素朴な文明社会ほど、内なる感覚とのつながりが保たれていることも多いですが、
社会が組織立ったものになればなるほど、こうしたプロセスは、より強められます。

そして日本はおそらく、もっとも強固な社会構造を持った国のひとつです。

☆今までのパターンを脇に置こうと決めた瞬間、もう直感はそこにある

でも、直感とのつながりをなくしてしまったからといって、がっかりする必要はありません。

考えたり、感じたりする能力がなくなることはないように、直感はただ、思考パターンの背後に隠れているだけなのです。

今までのパターンを脇に置こうと決めた瞬間、直感はもうそこにあります。

けれども論理的な思考からすれば、それは危険に思えることかもしれません。

だからこそ、そもそも私たちは、それを追いやってしまったのですから。

内なる声が、既成概念にそぐわないことを言うこともあるでしょう。

条件づけされた信念は、自分が正しいことや良いことをして、身の安全を保つように働き続けています。

世間の意見に従うことで、私たちは大きな安心感と力を手にしています。
そのために、私たちは戦場に行って、人を殺すことすらしかねないのです。

にもかかわらず、あるとき、私たちはどうしようもない欠落感を感じるようになります。
自分につながってないので、いったい自分は何が欲しいのか、どこに行きたいのか分からないのです。

その感覚は、物事が思うように運ばないとか、悪あがきをしているような感じかもしれません。
あるいは、何もかも空しいという感覚かもしれません。

いったい、どうすればいいのでしょうか?

そんな時には、何であれ、まずそれをそのまま認めること。
認めるところから、本質的なことが始まっていきます。

まず必要なのは、自分には直感があると信頼すること。

信頼がなければ、論理的な思考を脇に置くのはむずかしいでしょう。

次のステップは、直感の香りや感触、手触りを見分けること。

あなたに合う方法を見分け、なじむためにも、グループでのトレーニングはとても役に立ちます。
ワークショップでは、論理的なマインドを脇にどけ、信頼するのはずっと簡単なのです。

「直感の流れ」のワークショップでは、思考から距離を取るために、さまざまな瞑想のテクニックを使います。

何が起こっているのかわからない状況で、エクササイズをしたりもします。

そしてほとんどの人は、直感の感覚がわかっていなかっただけだったという事実を知り、とても驚くと同時に、大きな力づけを得るのです。

☆直感につながればつながるほど、私たちは存在の流れの中に自分を見出す

直感につながればつながるほど、私たちは存在の流れの中に自分を見出すようになります。
直感の声は、私たちの内にある、存在からの呼び声なのです。

その声を聞き、それと動くとき、私たちは正しい時と場所にいるという、たしかな感覚を得ます。

論理的なマインドに耳を傾けるときには、葛藤や疑いから逃れることはできません。

けれども直感の声は、生命の流れを信頼し、その中にくつろぐことを助けてくれます。

そしてその声に従うときには、周りで起こっていることとの間に、深い調和と一体感を感じることでしょう。

それこそ、私たちが心の奥底で、つねに求めてやまないことなのです。


WordPress Themes