「直感」につながる

☆シックス・センスのない人はいない

シックス・センス(第六感)とは何でしょうか? 限られた人だけの不思議な能力で、自分には関係がないと思い込んでいる人も多いかもしれません。

しかし、もしそれが、誰もが持っている五感と同じように、まったく自然なものだったら?

誰もが生まれつき持ってはいるが、どう使ったらいいのか、分かってないだけだとしたら?

どうやら、それが本当のところのようです。長い間、第六感につながるためのワークショップをリードしていますが、第六感のない人に出会ったことはありません。もちろん普通の人は、映画「シックス・センス」の男の子のように、うろつき回る死者が見える、というようなことはないでしょうが。

肉体と同様、感情や思考も人それぞれであるように、第六感(私の好きな言葉で言えば直観ですが)も人それぞれです。とはいえ、誰でも自然なかたちで、直観を育てることはできるのです。

☆なぜ、人は直観とつながっていないのか

ならばなぜ、本来そなわっているはずの直観の力に、まったく、あるいは少ししか気づいていない人がほとんどなのでしょうか? その答えは、私たちがまだごく小さなころに受けた躾(しつけ)にあります。

私たちは生まれたときから、社会や家族の価値観に従って行動するように、良い悪いという判断を教え込まれます。周りの大人をまねることで、身につくものもあるでしょう。人間のマインドはコンピューターのようなもので、それが機能するために入れられるソフトウエアは、子供時代のプログラミング、条件付けと呼ばれます。

子どものマインドはまっさらなので、ものすごく大量の情報を、まるでスポンジが水を吸い込むようにすばやく吸収します。そしてすべての経験はマインドに刻印づけられ、すべての出来事があとを残します。

このこと自体は問題ではありません。

けれども社会は同時に、私たちに自分自身の判断や、経験の純粋さを信じないよう教え込みもするのです。プログラミングに乗っ取られる前は、子どもは周りにあるものに直接触れているし、自分が分離しているという感覚も持っていません。感情や思考のフィルターなしに、物事をありのままに見るのです。こうした子どもの無邪気さは、私たちを喜ばせ、感動させます。

ありのままに世界を受けとめ、感応する、この結びつきの声こそが直観なのです。

このつながりを失ってしまう理由は、その方が安全で楽だからです。子どものころ、私たちは非常に傷つきやすく、他人を必要としていました。傷つかないため、愛と注目を得るためには、自分を信じるより、他人が言うことに従う方がいい、ということを学んできたのです。

私たちにとって何より大事だったのは、人並みになること、そして人より優れるということ、何であれ、人から認められるということでした。そうするなかで私たちは、だんだん自分の直感、内面の感覚を、身の保全と安心感のために売り渡していったのです。

自分からあっさりと手放す人もいれば、あくまでも反抗し、自分の真実に固執し続ける人もいますが、ほとんどの人たちは、結局はあきらめざるを得ません。外からの圧力があまりにきつく、危険になるため、ほとんどいつも、譲歩せざるを得なくなるのです。

このプロセスは、学校教育を通じて、家庭から社会へと、さらに拡大していきます。

私たちは学校の環境に順応しなくてはならず、何年もほとんど意味のない膨大な情報に苦しめられ、自分の価値は、その情報をいかに巧みに覚え込むかにかかっていると教わるのです。

こうした死んだ知識を扱うのにたけていれば、ちやほやされるし、うまく出来ないと、まるで自分がだめな人間であるかのように感じさせられる。学校教育を終えるずっと前に、私たちが自分自身の真実につながることができなくなってしまうのも、驚くには値しないでしょう。

より原始的で、素朴な文明においては、内なる感覚との結びつきを保っていることが多いのですが、社会が高度に、構造化されればされるほど、こういったプロセスはより強くなっていきます。

そして日本はおそらく、もっとも強固な社会構造を持った国の一つなのです。

☆今までのパターンを脇に置こうと決めた瞬間、もう直観はそこにある

でも、直観との結びつきを失ってしまったからといって、がっかりする必要はありません。

考えたり感じたりする能力がなくなることはないように、それはただ、思考のパターンの背後に隠れているだけなのです。今までのパターンを脇に置こうと決めた瞬間、直観はもうそこにあります。

けれども、それは論理的な思考からすれば、危険に思われるかもしれません。だからこそ、私たちはそれを追いやってしまったのですから。内なる声が、私たちの既成概念にそぐわないことを言うことだってあるでしょう。こうした条件づけされた信念は、自分が正しいこと、良いことをして、自分を安全に保つよう働き続けるのです。

世間の意見に従うことで、私たちは大きな安心感と力を得ています。そのために、私たちは戦場に行き、人を殺すことすらしかねないのです。

にもかかわらず、あるとき、私たちは何かが欠けていると感じ始めます。自分に結びついていないために、いったい何が欲しいのか、どこへ行きたいのかも分からないのです。

その感覚は、物事が思うように運ばない、あるいは、悪あがきをしているような感覚かもしれません。あるいは、何もかもが空しいという感覚かもしれません。

いったい、どうしたらいいのでしょうか?

何であれ、まずそれをそれと認めることによって、本質的なことが始まっていきます。

まず必要なのは、自分には直観があるということを信頼すること。信頼がなければ、論理的な思考を脇の置いておくことは難しいでしょうから。

そして次のステップは、直観が持っている香りや感触、手触りといったものを見分けることです。

あなたに合った方法を見分け、なじむためにも、グループのトレーニングはとても役に立ちます。ワークショップでは、論理的なマインドを脇にどけ、信頼するのはずっと楽なのです。

「直観の流れ」のグループでは、マインドから距離を取るために、さまざまな瞑想テクニックを使っていきます。さらに、何が起こっているのか判断できない状況を設定し、いろいろなエクササイズをしていきます。

ほとんどの人は、直観の感覚にただ気づいていなかっただけだったという事実を知って、とても驚き、また大きな力づけを得ます。

☆直観につながればつながるほど、私たちは存在の流れの中に自分を見出す

直観につながればつながるほど、私たちは存在の流れの中に自分を見出すようになります。直観の声は、私たちの内にある、存在からの呼び声なのですから。

そして私たちがその声を聞き、それとともに動くとき、私たちは正しい時に正しい場所にいるという確かな感覚を得ることができるのです。

論理的なマインドに耳を傾けるときには、葛藤や疑いから逃れることはできませんが、直観の声は、生命の流れを信頼し、その中にくつろぐことを助けてくれます。

そして、その声に従うとき、周りで起こっていることとの間に、深い調和と一体感とを感じることでしょう。

それこそが、私たちが心の奥底で、常に求めてやまないことなのです。


WordPress Themes